おすすめ美容戦略ブログ TOP

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーは大変便利なものですね。
ウォーターサーバーは、家庭に導入していなくても、最近ではどこでも目にする機会が多いのではないでしょうか。
食堂やスーパー、オフィスやヘアサロンなど数えだしたらキリがないほど、生活に浸透してきています。
しかし、ウォーターサーバーは設置している方でないとどれくらいかかるのかわかりません。
便利なものだけに、気になるのが電気代ではないでしょうか。

ウォーターサーバーの電気代はいくらぐらいかかる?・・・平均すると、月に1,000円程度となっています。
節電効果の高いものでそれほど使用しなかった場合は、月に100円以下になるケースもあります。
また、使いすぎると月に1,900円以上になってしまう場合もあります。
できるだけ電気代を安く抑えたければ、節電効果が高いウォーターサーバーがおすすめです。

※電気代以外にかかる費用は?・・・ウォーターサーバーを利用する会社によって異なりますが、電気代以外にレンタル料金やメンテナンス料金など色んな費用がかかってきます。
レンタル料金は、月に2,000円程度かかる場合もありますし、無料で借りられるところもあります。
メンテナンス費用も無料のところもありますし、年間15,000円程度かかるところもありますので、ウォーターサーバーの導入を検討するときは、長い目で見てトータル的にお得になるようなものを利用するといいでしょう。

L-シトルリンが見つかる

L-シトルリンを英語ではcitrullineと言います。
これは、スイスの学者の「シトルラス・ブルガリス(citrullus vulgaris)」から命名されました。
実のところ、シトルリンが見つかったのは1930年と割と昔なのです。
見つけたのはなんと日本人で、夏によく食べるスイカから発見された成分なのです。
そこで、シトルリンが見つかってから、今に至るまでどういった過程で話題になっていったのかをお話します。

○スイカの原種に豊富に含まれている栄養素
日本人が、日本のスイカから見つけた成分のシトルリンは、現在はスイカの原種に豊富に含まれている成分であるという所まで認識されています。
スイカと言えば、日本のスイカばかりを思い浮かべがちですが、スイカは前世界に存在し、種類も豊富です。
特に、野生のスイカは水分量が非常に豊富で、その他のスイカよりも甘みはほとんどありません。
実を食べて味わうより、水分補給の為や生活水に利用されているそうです。
カラハリ砂漠に住んでいる人には、スイカは命の源とも言っても過言ではありません。

○食品成分として認められる
シトルリンが見つかったのは最早戦前ですが、有効的に使われるようになったのは2007年以降なのです。
この2007年に、日本国内でシトルリンを食品利用として活用される事が認められました。
今まではシトルリンの研究は行われてきましたが、健康食品として含まれることは我が国ではありませんでした。
無論、海外では医薬品として使われている国もあるので、海外のシトルリンサプリに詳しい人はその存在を知っていたかもしれません。
最早海外で効果的と認められたシトルリンが、日本での生産で利用が出来るようになったのは安全・安心で嬉しいですね。

にきび克服に欠かせないビタミン

肌のためのビタミン剤があるくらいなので、肌にとってビタミンを摂取することが大事であることは誰でも知っているのでははいでしょうか。しかし、どのビタミンがどのような働きをするのかを知っているのといないのとでは、ビタミンを積極的に摂取するモチベーションが変わってきますし、どのビタミンを優先的に摂取すべきかわからないままやみくもに取り入れることになってしまいかねません。
ビタミンそれぞれが、どんな働きをするのか知っておく必要があるでしょう。

【肌に良いビタミンの代表格 ビタミンBとC】

肌に良いビタミン剤やサプリメントには、ビタミンBとCを主成分としているものが多くあります。
ビタミンBのなかでもさらに細かな分類がありますが、その中でも肌への影響の多いものをピックアップしてみます。

◎ビタミンB1
ビタミンB1は体内で糖分の代謝と、神経伝達の調整をする働きを持ちます。このビタミンが十分に摂取できていると、自律神経がうまく機能してにきびができにくくなります。逆に不足すると、糖分がエネルギーに変換されにくくなり、脂肪へ変えて体に蓄えようとするため、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

◎ビタミンB2
ビタミンB2こそ、美容のビタミンと言われるほど肌には重要なビタミンです。脂質、糖分、タンパク質などエネルギー源となる栄養素すべての代謝に関与しており、不足すると口周りに口内炎などのトラブルとなって現れます。

◎ビタミンB6
ビタミンB6はタンパク質の代謝に非常に大きく関わる栄養素です。食物から取り入れたタンパク質を使ってからだの組織を再生するときに欠かせないものなのです。肌荒れや、にきび跡などから肌を回復させるときには、ビタミンB6が必ず使われているのです。

◎ビタミンC
ビタミンCはしみ・そばかす対策でお馴染みです。肌への色素沈着を予防する作用があり、にきび跡が残るのを防ぎます。
また、肌の主成分であるコラーゲンを合成する際に欠かせない栄養素でもあり、美肌のためのビタミンの中でも代表格と言えるでしょう。

これらのビタミンB群とビタミンCは、体内に蓄えることができないという特徴があります。いまのところ過剰症の報告はありませんので、積極的に摂取し続けることが重要です。

青汁の効果

「まずい、もう一杯」のキャッチフレーズが強烈なインパクトを与え、広く青汁を知らしめたテレビコマーシャルはまだ記憶に新しいという方も多いと思いますが、あのコマーシャルの影響からか、今なお青汁は「まずい」というイメージを持たれがちです。近年、子供でも美味しく飲める青汁など、飲みやすさを謳った青汁も各社から発売されるようになりましたが、とは言え果汁入り飲料や炭酸飲料などと比べるとグイクイ飲める種の飲料ではありません。

「良薬口に苦し」ではありませんが、未だ、「飲みにくい」「癖がある」という意見が多い中、それでも愛飲者は右肩上がりです。何故なら、野菜不足、栄養過多が叫ばれる昨今の食生活において、栄養不足を青汁で補おうという人が多いからです。

また、青汁には便秘解消効果やがんを予防する効果を始め、美容やアンチエイジング効果などもあるとされていますから、それらの効果を期待されて飲まれる方も多いのです。
様々な効能や効果が謳われている青汁ですが、原料の違いによって効果のほども変わってきますので、目的ににあった青汁を上手に選んで行くようにしましょう。例えば、花粉症を改善したい、予防したいというのであればフラボノール配糖体が配合されているケールが原料となっている青汁を選ぶと良いでしょうし、高血圧や低血圧が気になる方は明日葉がお勧めです。

青汁は健康食品であり、医薬品ではありませから即効性は期待できませんが、長く飲み続けることで体内環境が改善・整い健康になれるものです。体調不良の時にのみ飲用するのではなく、効果を期待して飲むのであれば、日常的に飲み続けることをお勧めいたします。